盲導犬、パピーウォーカーが終了しました。

    毎度、川勝です。
    盲導犬候補の子犬を育てる「パピーウォーカー」というボランティアに参加させていただきました。
    生後60日の子犬が1歳になるまでの約10か月間あずかります。
    我が家に来たパピーは、2017年5月19日生まれのかわいい女の子で、2018年5月20日に協会に返しました。

    彼女を紹介します。
    名前:クロエ
    性別:女の子
    体重:生後60日時点 約5㎏、1歳時点 約22㎏
    兄弟:オス3匹、メス4匹(ブラック5匹、イエロー2匹)
    両親:ともにブラックのラブラドールレトリバー
    趣味:昼寝、散歩
    性格:ツンデレ、マイペース、甘えん坊、人も犬も大好き

    結論から言うと、10カ月も一緒に暮らしたクロエちゃんがいなくなることはかなり寂しく悲しいですが、
    活動はやってよかったと非常に満足しています。
    簡単に経緯などをまとめたいと思います。

    1、資格を満たしているかチェック
    2、盲導犬協会のWebサイトから申込書をダウンロードして郵送する
    3、しばらく待つ
    4、委託2か月前に連絡あり(面接もあったかな)
    5、委託前説明会が2回
    6、委託式
    7、協会で毎月レクチャー
    8、修了式

    こんな流れです。
    意外と資格要件を満たすのが難しいかもしれません。
    室内で大型犬を飼えること、犬や道具を運ぶ車を所有していること、他に犬を飼っていないこと、長時間パピーをボッチにしないこと、などを満たす必要があります。

    申し込む協会の所在地によっても異なるようですが、神奈川県の場合は申し込みから委託まで6か月くらい掛かりました。ボランティア不足のようですが、タイミングもあるようです。

    申し込んで数か月すると協会から電話があり、7月頃から委託できそうだけど都合はどうかと。
    ぜひぜひ、ということで説明会に参加。
    さらに委託の少し前にゲージやクレートなどを預かって自宅で受け入れ準備を行います。
    こちらで負担するのはエサ入れ、水入れ、ドッグフード、リード、おもちゃ、ペットシーツ、病院代くらいで、
    他のものは支給してもらえます。
    ワクチン代やフィラリアの薬なども支給してもらえるので、金銭的な負担はあまり大きくはないです。
    (自己負担には変更があるようなので、ご自身で直接確認してください)

    ちなみに生まれた日によってアルファベットで管理されており、我が家に来る子はC胎でした。
    Cで始まる名前を付けます。委託日まではどの子を預かるかわからないので、Cで始まる名前の候補を
    男女6つずつくらい提出します。

    そして待ちに待った委託式、
    めちゃくちゃかわいいです。
    かわいいラブラドールを預かることができるのであれば贅沢な要望もないのですが、
    可能ならイエローのメスが欲しかったですが、見事に1/7の確率で希望が叶いました^^
    またCで始まる名前も複数考えましたが、気に入っていた名前であるクロエ(Chloe)と決まったことも嬉しかったです。



    クロエちゃんと呼ぶこともありますが、
    小さいときは「クロ吉っちゃん」「クロ助」などと呼び、
    大きくなると「クロクロ、クロクロ」と呼んでました。
    ほんとにかわいかったです。

    家にきたとき、最初に覚えさせるのはトイレです。
    所定の場所、条件でワンツーの合図で大小をさせます。
    盲導犬候補なのでその辺でトイレをしてしまうと困るので基本は家でするように躾なければいけません。
    8か月くらい経つとベルトをつけて袋にすることもできるようになりました。

    委託から間もない頃は大変です。回数も多く、我慢もできません。
    クロエちゃんは特に多くて、小が20回、大が8回と1日で驚異的な回数でした。
    クンクン嗅いでいたり、部屋の隅っこに行ったり、グルグル回ったりしているのが催している時です。
    それを見逃さずにトイレサークルに連れていき、ワンツーとコールしてさせます。
    クロエちゃんは比較的覚えが早かったですが、それでも夜中に起きたりと大変でした。
    あまり熟睡した気がしない日が続きました。

    そして月1回のレクチャーで盲導犬協会に行きます。
    レクチャーでは夢中作り(犬が人に集中するように)や散歩の練習(人の左に歩かせる)、
    指示語通りに動かす(シット、ダウン、ウェイトなど)、障害物を越える練習、
    盲導犬ユーザーの方の体験談、爪や足の裏の毛のケアなどを行います。

    感心したものがいくつかあり、
    ・できなかったことや悪いことを怒らない。基本は無視する。たとえば甘噛みしてくるのをノーといってもわからないので、甘噛みが始まると離れるようにしたりします。トイレの失敗も無視して淡々と片づけます。
    ・できたこと、よいことを徹底して褒める。グッドグッド!クロエ、グッド!
     犬は嬉しくて同じことをやれば褒められると理解して賢くなっていきます。

    クロエちゃんは無駄吠えもなく、すごく育てやすいおとなしい子だったと思いますが、
    私の育て方がうまくなかったせいか、直らなかった悪癖がいくつかあり、それは少し心残りです。

    あと車酔いがひどかったため(後に改善)、当初はあまり遠出もできなかったのも残念です。
    次の機会があればぜひキャンプとかアウトドアに連れていきたいです。

    代わりに散歩には多くいきました。
    中目黒には毎週行ってましたが、クロエがかわいく、愛想もいいため通行人からも大人気でした。
    近所の子供たちにもオトナにも大人気で、いつも声を掛けてもらいました。
    近所の方とはあいさつ程度の付き合いでしたが、よく話すようになりました。
    犬の散歩をしている方との交流も生まれ楽しかったです。



    そして迫りくる修了式の日。
    リビングでドデンと寝転がり、尻尾を千切れそうに振り、全身で喜びを表現するクロエちゃん、
    私が座っている膝の上に当然のように載って眠りだすクロエちゃん、
    洗濯物をくわえて逃げ回っているクロエちゃん、
    最高の思い出です。

    修了式の日は泣きそうになりました。妻は車の中から既に泣いていました。
    みんな泣いていました。
    最後は首輪とリードを付け替え、係の人に連れられて犬舎に入っていきました。
    クロエちゃんは嬉しそうに尻尾を振って、後ろを振り返ることなく歩いていきました。



    非常に幸せで濃密な10カ月を過ごすことができました。
    これはボランティアをしていたのではなく、クロエがボランティアとして我が家に来てくれていたのだと思います。
    協会の方もパピーウォーカー仲間もユーザーの方もみんな素敵な人ばかりでした。
    フレンドリーで前向きで肯定的でグッドグッドの精神の持ち主です。
    非常に大事なことを学べたと思います。

    番外編
    クロエはこの後どうなるか。
    3~4割の確率で盲導犬となります。
    適性がない場合、家庭犬として「我が家以外」のボランティアに引き取られることになります。
    繁殖犬やPR犬などになる犬もいます。
    一旦盲導犬となり、約10歳の誕生日で引退するときに預かれる可能性があるようです。
    いずれのケースでも犬の幸せを一番に考えています。

    訓練を受け適性試験の後に一度は面会することができます。
    まずはそれを楽しみに待ちます。

    現在、神奈川県盲導犬協会では繁殖犬飼育ボランティアを募集しているようです。
    興味のある方はぜひ問い合わせてみてください。


    関連記事

    • 初めての温泉旅行

    • 来年、2019年に大型連休がやってくる!?

      こんにちは  制作部 夏目です。 みなさん、祝日は休めていますか? そんな祝日に関してある噂を耳にしたのでご紹介したいと思います。

      来年(2019年)のGWが10連休になる!?

      どういうことか書いて行きますね。 今上天皇が自ら退位の意向を示されたことにより、平成時代は2019年4月30日までとなり、翌5月1日に皇太子様の新天皇の即位および新元号の施行となりました。日本の天皇、2019年退位へ さあ、そんな今上天皇であるが、夏目は一回会ったことがあるのだ。 会ったと言っても、直接目に触れたわけではなく小学校の時の社会科見学で皇居を訪れた際に、ちょうど、車で横を通られて、手を降ってもらった程度ではあるが。。。 ちなみに、平成天皇というのは、間違いである。 平成天皇と言っていいのは崩御あらせられた時で、存命のうちは今上天皇とお呼びするのが一般的。 さらに、ご存命中の天皇が生前退位をすることは近世に入ってから大変珍しく、最後にあったのは200年前の光格天皇でした。 生前退位について また、明治維新以降は諸外国にならって一世一元(天皇が存命の間は元号を変えない)というのが通例となっていたため、今回の生前退位に驚かれた方は多いのではないでしょうか? 今上天皇が4月30日に退位され、翌5月1日に皇太子様が即位され、この日を特例として祝日とすることが決定しました。新天皇即位日は祝日、GWは10連休に これにより、来年(2019年)のGWは近年稀に見る大型連休となるのです。

      どういうこと

      もう少し、噛み砕いて説明します。 もともと、4月末〜5月初旬にかけては次にあげる祝日があります。 4月29日 昭和の日(もともとは昭和天皇の誕生日、崩御に伴ってみどりの日となり、2007年1月1日に昭和の日となりました) 5月3日 憲法記念日 5月4日 みどりの日(もともとは国民の祝日、こちらも2007年1月1日にみどりの日となりました) 5月5日 こどもの日 ん? そもそも、5月4日は祝日でもないのになぜ休めたのか? 数年前の話ですよ。笑 今はもう祝日になりましたので、大手をふって休めます 国民の祝日についてによると
      前日と翌日の両方を「国民の祝日」に挟まれた平日は休日となります。
      これを世間では祝日オセロと言うとか言わないとか。。。 挟まれたらひっくりかえる。まさにその通りですよね   つまり、5月4日は3日に憲法記念日、5日にこどもの日があったので、休みになったのです。 さてこれに当てはめると 来年(2019年)の5月1日が祝日(特例)になるので、 4月30日と5月2日が国民の祝日となるのです。 ここで、来年のカレンダーを見て見ましょう。 4月27日 土曜日 4月28日 日曜日 4月29日 月曜日 昭和の日 4月30日 火曜日 国民の祝日 5月 1日 水曜日 (名称はまだ決まっていないが、祝日) 5月 2日 木曜日 国民の祝日 5月 3日 金曜日 憲法記念日 5月 4日 土曜日 みどりの日 5月 5日 日曜日 こどもの日 5月 6日 月曜日 振替休日 カレンダー上の表記はこうなるわけですね す、すごい 10連休もある。 これと前回のブログで紹介した 来年から有給取得が義務になりますを使うことにより、最長で17連休を取得することが可能です。 17連休とか、学生時代の夏休みを思い出しますね。 これを機に童心に帰って虫取りとかして見るのもいいかもしれませんね。
      注意:この話はあくまで2019年度の話であって2020年以降の5月1日は平日ですので注意です。
      ではまたAdios 過去の記事はこちらから 面白かったら、SNSでのシェアよろしくです。
      2018/10/16 日常 / プライベート
    • バイタリフィの魅力(その2)

      仕事が楽しい!!・・・そういう人を見るとどう思いますか?

      お金があれば仕事はしないのか・・・

      人事という仕事をさせて頂いていると色々な人の価値観に触れる機会があります。 みなさんにとって仕事とはどういう存在でしょうか? これを考える上でよく私がさせて頂く質問は、 「もし十分に生活していけるだけのお金があったら、あなたは仕事をしますか?」です。 この答え、私は「即、辞めます!趣味に時間を使います」という人が多いのかなと個人的には思っていたのですが、これが実はそうでもありませんでした。あくまで私の経験則ではありますが、どうやら以下のような傾向がありました。 ①辞める派 ・仕事を労働の対価と考えている人=働いた時間に対してお金をもらう志向の人 ・仕事の効率化が上手い、アフターファイブ充実 ②辞めない派 ・自分は何に貢献できるかを考え、お金をもらうのではなく自分から稼ぐ志向の人 ・どちらかというと遅くまで仕事をしている、でも仕事が楽しそう 私は①と②に混合派になりますのでどちらが良いという評価をしたいわけではありません。単純に仕事を楽しんでいる人はこういう人が多かったというお話になります。「そもそも仕事が楽しいなんて信じられない!ちょっと頭おかしい人なんじゃないの?」というのが世の中の常識なのかもしれないですし(笑)

      もし仕事が楽しかったら・・・

      でもふと思いませんか?もし仕事が楽しかったらと。 仕事って大変ですよね、仕事をしている人は本当に尊敬されるべきです。 それだけ大変な仕事なので辛いことも多いですけど、でも楽しかったら素敵ではないですか? 今まで日本経済を引ってこられた偉人の書籍等でもよく目にするのですが、結局楽しみながら仕事をしている人にはその仕事では勝てないですし、そういう人は失敗や辛いことがあっても精神を病まずに前に進んでいる気がします。なんだかんだ、仕事を楽しむことは働く上で大事なのではないかと思えてきます。

      バイタリフィの魅力

      私がバイタリフィに入社したのは面白い仕事がたくさんあると思えたから。そして楽しむことを許してくれる会社であったからです。さらにバイタリフィには人柄の素晴らしい仲間が大勢いるので、そういう素敵な人達に貢献できることはとても楽しいものです。性格の悪い人達に貢献するのはちょっと嫌ですから(笑) またバイタリフィの行動指針には「仕事に楽しみを見出す」という言葉があります。 私が若いころにこの文言を見ていたら、きっと違った意味で捉えていそうですが、今は理解できます。これはとても大切な事なんだと。 自社の事を自慢するのもどうかと思いますが、当社にはこれ以外にも素晴らしい企業理念と行動指針、ビジョンがあります。若い世代にはなぜ素晴らしいのか理解できないかもしれませんが、仕事を通して色々経験をして、いくつかの壁を乗り越えると自然に理解できるようになります。少なくても私はそうでした。 もし私の話に少しでも興味をもってくれたなら、一度私に会いに来てください。 きっとバイタリフィで働きたくなるハズ・・・ですよ!!
      2018/10/01 日常 / プライベート