投稿日:

    カテゴリー 日常 / プライベート

    奥の深い「七つの会議」

    こんにちは。制作部の井齊です!

    先日、ずっと見に行きたかった「七つの会議」という映画を見に行きました。

    池井戸潤の作品(ロスジェネの逆襲や銀翼のイカロスなど)を読んだりするのが好きでずっと楽しみにしていました。

    中堅電機メーカーが舞台になっており、万年係長の「ぐうたら社員」の周囲で不可解な出来事や人事が相次いでいきます。それらの出来事がきっかけとなって会社の隠されていた秘密が徐々に明らかになっていくというストーリーです。

    「ぐうたら社員」を演じているのは野村萬斎という役者さんで能楽師特有の引き込まれるような演技だったのが印象的でした。ストーリーが進むにつれて元々は敏腕営業マンだったのになぜ「ぐうたら社員」になってしまったのかが明らかになり、その過去と現在に引き込まれていきます。

    対して、敏腕営業部長を演じていたのはドラマの「半沢直樹」でおなじみの香川照之で、裏表のある役柄が毎回上手くて好きな役者さんです。今回は物語の鍵を握る「ぐうたら社員」と同期という設定ですが、何が2人の立場を分けて、なぜ敏腕営業部長であるはずの彼が闇を抱えているのか、必見です。

    個人的には、「七つの会議」は、平成最後の企業もの映画としてふさわしかったテーマだったなと思っています。働くことの「正義」とは何かという問いに対して、終盤の場面で「ぐうたら社員」が喋るセリフがこの「七つの会議」の作者である池井戸潤の一番伝えたかったことではないかと感じました。

    最後の最後になって、タイトルの「七つの会議」が気になりました。「、、あれ?七つも会議あったっけ?」となったので次見るときは会議の数を数えてみたいと思います(笑)企業ものの映画だと苦手意識を持っている人もいると思いますが、勇気を振り絞ってぜひ見に行ってください!


    関連記事

    • 【コミュ障からコミュ力の鬼へ】新卒入社時からディレクターとして働く佐久本せれんとは

      こんにちは。バイタリフィ営業統括部の東田です。不定期ですが、バイタリフィのメンバー紹介をしていきます。今回は新卒入社時からずっとバイタリフィ一途のディレクターの佐久本せれんさんです!! sakumotoimg 残念なことに、佐久本さんは顔出しNGなんです。。。 お顔を拝見したい方はバイタリフィに入社してからのお楽しみということで!  ■プロフィール 制作二部 ディレクター。グラフィックデザイン・デジタルサイネージやUI制作等を学ぶデザイン系の専門学校卒業後、新卒採用で2016年4月にバイタリフィへジョイン。好きな食べ物はコンビニスイーツ。特に前にファミマで売っていたキャラメルスティックバターサンドが大好物とのこと。   ■なぜバイタリフィに入ったのですか? 佐久本:そうですねー。専門学校ではアプリデザインを中心に勉強していました。プライベートでもアプリでツール等をインストールして触るのが好きだったので、就活時はデザイナーの職種でITアプリ系の企業で絞って探しました。 東田:おー、そうなんですね。元々バイタリフィはご存じだったのですか? 佐久本:いえ、たまたまです。(笑)バイタリフィのことは就活の時に初めて知りました。 ITアプリ会社をGoogleでひたすら探していたときに、バイタリフィのサイトを見つけて、採用ページにデザイナー募集と書いてあったので、くまなくサイトを読みました。(笑) そこで、ブログを社員で交代して書いてるの見て、雰囲気が楽しそうな会社だなあと感じたので応募しました。 差し込み画像1   ■あれ、なぜディレクター職・・・? 佐久本:そうなんですよ。デザイン志望だったんですけど、ディレクターを勧められたら、そっちもいいなあと思っちゃって。(笑)気づいたらディレクター職にチャレンジしてました。 東田:好奇心旺盛。笑 ディレクターのどんなところにいいなぁと感じたんですか? 佐久本:元々、専門学校の授業でアプリの企画とデザインをやっていて、その時からアプリの企画は好きでした!もちろん1番はデザイナーになれたら良かったですが、ディレクターでも好きを仕事にできるように思えたので興味を持ちました。   ■ところでディレクターって何するの? 東田:いまいち、私ディレクター職って何をしているかわかんなくて・・・。なんかすごい人っていうか全部のスキルを持ち合わせていないとできない気がします。だからこそ、新卒からディレクターチャレンジって本当にすごいですね。 佐久本:全くそんなことないですよ!むしろ、私ができるくらいなので誰でもできると思います! 具体的な仕事内容で言うと、見積・スケジュール調整・進行管理・アプリの検証・エンジニアとバトルですねー。 東田:エンジニアとバトルっどういう事ですか?(笑) 佐久本:お客様からいただいた要望をエンジニアに伝えたときにバトルが勃発することがあります(笑)要は、エンジニアからの意見とお客様からの要望のすり合わせをします。それは、機能もスケジュールもどちらもです。このバトルの先には、要領よく計画立てて仕事をする力であったり、両者が納得するような解決策を見出す力がつきますよ!!! 東田:なるほど。バトルするのも良いことがあるのですね!1日の流れとしては、どのような感じになりますか? 佐久本:日によって違いますが、午前はメールチェックやお客さんからの連絡をエンジニアに展開、午後はアプリの検証(お客様目線になって実際自分で使ってみる)が多いですね。また、エンジニアがどれだけ動いたかという稼働管理も欠かさずに行います。 営業の方に負けないくらい、外部、社内問わず、密なコミュニケーションを取らなきゃいけない人が多いかもしれませんね。 差し込み画像2   ■何人くらいとコミュニケーションとるんですか? 佐久本:う~~~~~~~ん。多い時だと1プロジェクトにつきPM、ディレクター、IOS、アンドロイド、バックエンド、フロント、デザイナー、BSEで社内で5人くらい。案件自体も多いと1回で3案件対応することもあります。そして、お客様とももちろんコミュニケーションをとる必要があります。全員でチーム一丸となってプロジェクトの成功を目指す必要がありますね。 東田:多・・・。むしろ、私達営業よりもコミュニケーションがあるように思えますよ!(笑)え、しかも、ベトナムメンバーともよくお話してるの見受けられるのですが、まさか・・・! 佐久本:もちろんです。開発チームはベトナムスタッフも多いのでコミュニケーション取りますよ!日本にいてもグローバルな環境で働けるのはとても楽しいです!!! 東田:ってことは、実は英語もペラペラなんですか? 佐久本:いやいや、むしろ、英語は全然しゃべれないです。(笑)日本語とボディランゲージとGoogle翻訳でコミュニケーションをとっています。 しかもですね、最近はGoogle翻訳の使い方がとっても上手くなったんです。以前、案件で4か国語翻訳が必要な多言語対応の案件したときに、どういう日本語の文章にした方が正しい翻訳がされるかというGoogle翻訳を使うスキルが身につきました!(笑) もしかして、知らないうちに英語のスキルも向上しているのかな?(笑)   ■佐久本さんのコミュ力やば高いですね!!!!! 佐久本:入社したての頃は他の誰よりもコミュニケーションというか話すのに苦手意識がありました。本当に人前で自分の何かを話すのが嫌だったので、毎日苦痛でした。もう、本当に人間でなく、生まれてすらいない赤子みたいな感じでした。(笑) 東田:そんな時代があったとは・・・。私は立派な人間の姿に成長している佐久本さんしか知らなかったです・・・(笑) 差し込み画像3   ■新卒のころは誰でも苦労します 佐久本:私はちゃんとした社会人、いや、人間になるまでに2年間くらいかかりました。 入社して初めて携わった案件の時には、2回くらい泣いた思い出があります(笑) ですが、苦手意識を吹っ切って成長するために、わからないことがあればチャットじゃなくて直接聞いたり、お客様になめられないように堂々と話すように立ち振る舞いを変えたり・・・。トライ&エラーを繰り返して、今の姿まで成長できました!!!!! 本当にわたしができるのであれば誰でもできると思いますし、バイタリフィの社名の由来”バイタリティ”があれば自分のやりたいようにやらせてもらえるのでのびのびと成長できる環境だと思います。 人間として必須なコミュニケーション力が身についたので、自分でも成長を実感できますよ!!! ちなみにココだけの話、ディレクター職は大変なことも多い分、給料も高いですよ(小声) 「バイタリフィは私を人間にしてくれました。」   ■バイタリフィにご興味持った方へ バイタリフィでディレクターとして働けば、どこの会社でもどの業種でも使えるであろうディレクション力が身につき、何よりも仕事をする上で最も大切なコミュニケーション力が身につきます!!! 始めたての頃は苦労するかもしれませんが、将来起業したい人や上を目指したい人にはピッタリの職種です。プチ事業主体験ができるかも?! Wantedlyにて求人情報を掲載しております。まずはお話だけでも聞きに来ませんか?? バイタリフィはまだまだメンバーを大募集中です。 求人: ま、まぶしすぎる! バイタリフィのディレクターはスペシャルな職種です
      2019/10/17 お知らせ 日常 / プライベート