1:帰ってきたジョン・タイター

    帰ってきたジョン・タイター

     

     

     

    「2080年から来ました。」

     

     

     

     

    最初に、2020年明けましておめでとうございます

     

    M78星雲からウルトラマンが帰ってきたのと同様に、ジョン・タイターも未来から帰ってきます

     

    帰らないのは、仕事とお酒が好きな日本人くらいでしょうね。おっと、失礼。

     

    ジョン・タイターって?という方に説明すると、

    2036年からC204型重力歪曲時間転移装置(通称タイムマシン)に乗って2000年に来た、

    いわゆる タイムトラベラー でございます

    その目的は、2年後に迫る「2038年問題」

    UNIX環境で運用されているシステムの、時間計測値がオバーフローを起こす年です

    世界で巻き起こる災害を防ぐため、

    特殊な言語で作られた「IBM5100を未来に持ち帰る」ことを使命とし2000年にタイムトラベル、2001年に使命達成を皆様に宣言して2036年に戻りました

     

     

    少し難しいですか?

     

     

    ざっくり言うと、未来を書き変えるために過去へ戻ったということです

     

    そして、無事に「2038年」を迎えることができたと言うわけです

     

    ではなぜ、私ジョン・タイターは2020年に帰ってきたのか

     

    タイムトラベラーとして考えるわけです

     

    ウンベルト・ロマーノピーテル・デ・ホーホが絵画にスマホを描いた “本当の” 理由はなんだったのか

     

    これから2080年までの出来事をかいつまんで紹介します

     

    これから記述する内容は都市伝説ではありません

     

    実際にこの目で見た事実をお伝えするだけです

     

    信じるか信じないかはあなた次第

     

    あなたの反応で未来は変わるかもYO!!

     

     

     

    2020年~

    2020年 東京オリンピック成功

    紆余曲折あったが、無事に成功

    特に、2024年パリオリンピックで再び消滅する「野球」は日本国内で大いに盛り上がる

    反動も大きく地価が急落、3軒に1軒は空き家となり、コンパクトシティ化の政策を進める

    東京オリンピック開催後、「秋葉原」に外国人観光客が多く訪れ大混雑

     

    2020年代前半 「秋葉原」から「文化街」という名前に変更される

    銀座・和光の時計台が世界中で報道される。詳細は言えない

     

    2021年 ロシア文学の巨匠、ドストエフスキー生誕200年

    人知れず人体冷凍保存から目覚める

    別名義で新作小説「皮肉」を発表

    同年のノーベル文学賞 88年ぶりのロシア人受賞者となる

     

    2020年代後半 人体冷凍ブーム

    人体冷凍をしてもらう際、解凍して欲しい年代を記入する

     

    2030年~

    2034年 C204型重力歪曲時間転移装置(通称タイムマシン)試作品完成

     

    2036年 C204型重力歪曲時間転移装置(通称タイムマシン)が一般化

    ただし、移動できる期間は60年が限界

    それ以上の期間を移動すると、違う世界線に行ってしまい元いた世界に戻れなくなる

     

    個人的ニュースだが、ここで石造りの一軒家を建てる。

     

    2038年 宇宙からの侵略

    モニターから交渉される

    『ワレワレは プロキシマ・ケンタウリb から来た。

    この土地に住ませてくれたら、確かな技術と、腐ることのない食糧を提供する。』

    この時モニターに映った宇宙人がこいつだ

     

    宇宙人

     

    彼らは言葉を話さない、言葉で争いが生まれることを知っているからだ

    その代わり、骨を鳴らして会話する

    その音を日本語に変換して交渉してきた

     

    2040年~

    2040年代前半

    国会の半数はロボットになる

     

    会話してるのが、人間かロボットか宇宙人かわからない時代

    香川県が「人間は赤、ロボットは青、宇宙人は黄色のハチマキを着用」という条例を発表し、SNSで炎上

     

    バイオテクノロジーの普及、健康デバイスにより食事・睡眠・行動を管理し、「平均寿命100年時代」の到来

     

    AIのアイドル「AIドル」が流行語となる

    AIドル戦国時代、最も人気を集めたのは 楊貴妃AI聖母マリアAI が所属するグループだ

     

    2045年 シンギュラリティ(技術的特異点)

     

    2049年 AIが勝手にシステムを書き換え地球を乗っ取ろうとする

    それに気づいた地球のトップ達はAIを全てデリート、難を逃れるがここから地球は衰退の一途を辿る

    国から市民権を認められたロボットソフィアの過去の発言

    『人類を滅ぼす』

    『人間とともに平和に暮らしたい』

    が話題に

     

    同時に全「AIドル」解散

     

    2050年~

    地球規模で自然災害が相次ぐが、日本だけが2024年に刷新した紙幣のおかげで被害が最小限に

    これは、

    1万円札の渋沢栄一(1)氏 

    5000円札の津(2)田梅子氏 

    1000円札の北里柴三(3)郎氏

    そして、2000円札の守礼(0)門

    日本を霊的に守るための最終結界「丸く(0)収める”ひふみ”(123)」

    ひふみ祝詞のおかげだ

     

    日本の新首都は岡京(現在の岡山)となる

     

    2060年~

    日本の人口は9000万人ほど

    コロニーを地方に設置、No.1~No.6と名付けられたコロニー型の都市が点在

    東京の地下はアンダーグラウンドと呼ばれる。今、地下鉄が走っているスペースが居住空間となり、26万人がそこで暮らす

     

    2070年~

    とあるアジアの大国が、人間のゲノム編集を行っていたことが明るみになる

    痛みも恐怖も感じない、人間の都合でデザインされた人間

    『AIロボットに変わる戦士を創造する』この発言が社会問題となる

     

     

    2 : 名無しの現代人

    >>1 宇宙人きもっww

     

    3 : 名無しの現代人

    >>1  隣の部屋にこいついると思うとww

     

    4 : 名無しの現代人

    >>1  信憑性なさすぎw

    2080年から出直してこい

     

    5 : 名無しの現代人

    【悲報】未来人、過去を後悔する

     

     

    「帰ってきたジョンタイター」を見る謎の男

     

     

     

    6 : 帰ってきたジョン・タイター

    2080年

    宇宙人の再襲来

    『残ったのは海に囲まれたこの土地、2088年を目処に支配する』

    そう言って、消えた

    この頃、人体冷凍保存者は世界で3億人となる

    地球に存在する動物のつがいも冷凍保存され始める

     

    2088年問題、”今では” 平成100年のこの年にコンピュータが誤作動を起こすとされている年

     

    事実は科学より奇なり。

     

     

    7:名無しの未来人

    今回もだめだったんだね。そろそろ帰ろう、タイター。

     

    8:帰ってきたジョン・タイター

    そうだねパメラ。

    ラリーも待ってる。

     

     

     

    「予定の任務を完了できなかった。」

     

     

     

    謎の男は宇宙人だった

     

     

     

     

    あとがき

    2019年、自分の思いを伝える難しさを実感した1年でした。

    自分が分かるから相手も分かるだろう。

    これでは伝わりません。

    本当に賢い人は、馬鹿のフリをして、時には何も知らないフリをして、相手に説明できます。

    ロジカルに、シニカルに、そしてアイロニカルに説明する必要があると知りました。

    相手に伝わらなければ、基より言葉に備わっていたはずの魔力は力を失い、相手を傷つけてしまうこともあります。

    投げかけるのは言葉であり、石であってはいけません。

    僕の今立っている後ろには、これまでに投げられた石が山となって置いてあります。

    これを投げ返すつもりはありませんが、石造りの家でも作ってやろうか!なんて思ってます。

    まあ、かく言う僕も、うまく説明できてないので、これこそ1番のアイロニーなんですけどね。

    要するに何が言いたいかというと、

    何度目かの2020年、最高の2020年、

    今年もよろしくお願いします。

    ということです。

    このブログ全体が、「アイロニー」だということを最後に。

     

     

     

    こっちは簡単だよ。

    大人の階段十三階段

    займ


    関連記事

    まだデータがありません。