投稿日:

    カテゴリー ごはん

    サイゼリヤ全メニュー制覇への道 3月

    こんにちは!

    世界中の外食でサイゼリヤが一番好きな神尾です(最近制作部に異動になりました、ヨロシク)。

    サイゼリヤのごはんがいかに美味しいかという、わざわざ言わなくても全人類が知っていることを今日は喋ろうと思います。

    サイゼリヤの全メニューを食す

    さて・・・・・・

    サイゼリヤの全メニューを紹介する前に、

    サイゼリヤの全メニューを食す必要があるのですが・・・まだ全メニューは食べたことがありません!

    サイゼリヤには星の数ほど行っていますが、自分の好きな定番メニューに落ち着いてしまうんですよ。

    この連載を通じて、夏までに全メニューを制覇するつもりです。

    さて、まずはサラダから。

    エントリーNO.000:チキンとブロッコリーのサラダ

    サイゼリヤの4種類のサラダのうち、最も食べ応えがあり、

    シンプルな素材でサイゼリヤ名物「サイゼリヤドレッシング」を思う存分味わうことができる

    天才サラダ。

    通常サイズとLサイズがありますが、通常サイズでもかなりのボリューム。

    たっぷりたんぱく質とれます。

    エントリーNO.001:シナモンフォッカチオ

    小さいピザ状のフォッカチオに、甘いシナモンの粉を底が見えないほど振りかけた逸品。

    通称「砂場」。

    ごはんとデザートの中間ぐらいの立ち位置で、小腹が空いたときにちょうどいい存在。

    これを食べている最中の人を笑わせないように。
    あなたがシナモンまみれになります。

    エントリーNO.002:ペストジェノベーゼ

    季節限定の緑のジェノベーゼ。

    マカロニを使った「茶色いジェノベーゼ」とは違って、普通にバジルのスパゲッティ。

    ただし、これまた山のようにチーズがかかっていて、
    バジルよりもチーズの方がだいぶ勝っている。

    チーズ好きにはおすすめ、でも私は茶色の方が好きかな。

    エントリーNO.003:イカの墨入りスパゲッティ

    旨味の強い味が多いサイゼリヤのスパゲッティの中でも、
    特に濃い味のスパゲッティ。

    「ジャンクなものが食べたい、でも脂っこいのは嫌」というときによく食べます。

    イカがどっさり入っていて、かなり満足感があります。

    エントリーNO.004:パルマ風スパゲッティ

    サイゼリヤの399円スパゲッティで一番コスパ(カロリー)が高いのがこちら。

    麺の量は他と変わらない気がしますが、
    こってりしたソースがたっぷり絡みついていて、それがボリュームを底上げしています。

    ベーコンもどっさり入っているので、一皿大満足の一品。

    エントリーNO.005:ミラノ風ドリア

    説明不要のサイゼリヤの王者、ミラノ風ドリア。

    この味、このボリュームで税込299円は

    サイゼリヤの経営を心配してしまいます。

    味変にオリーブオイルや唐辛子をかけるのも最高です。

    エントリーNO.006:ティラミス クラシコ

    サイゼリヤの定番スイーツとなったティラミス。

    とにかく甘い!

    ココアは苦い!

    ふわふわ、サクサク、とろとろと、情報量が非常に多い一皿。

    コスパがいいのは間違いないが、一人では食べきれないこともままある。

    エントリーNO.007:セロリのピクルス

    酒のあてに最高なセロリの甘酢漬け。

    すぐ出てくるので、お腹がすいて待てないときに頼むのもいい。

    オリーブオイルがたっぷりかかっているので、フォッカチオのおかずにしてもよき。

    エントリーNO.008:カプチーノ

    ドリンクバーのコーヒーサーバで出すことができるカプチーノ。

    サイゼリヤのコーヒーサーバはかなりいいコーヒーサーバ。

    たっぷりのスチームミルクは肌理が細かくて、これ一杯でもドリンクバーの元が全然とれる。

    エントリーNO.009:ムール貝のガーリック焼き

    サイゼリヤの全メニューで最もコスパが悪い(量的な意味で)といわれるメニュー

    お腹を満たす目的にはならないが、

    貝をしっかり焼き蒸ししてうまみ成分がぎゅっとつまっているので、酒のあてには最高。

    付属のソースをごはんにかけてもよし。

    幻のメニュー、アロスティチーニ

    まだ10種類しか進んでいないので先は長そうです。

    さて、サイゼリヤの幻のメニュー「アロスティチーニ」を知ってますか?

    ラム肉を串焼きにしたイタリアの郷土料理で、

    昨年12月に登場した新メニューだったが、あまりの人気ですぐに販売中止に。

    私も結局食べられなかったのですが、

    人気の秘密を調べていると、どうやら肉よりも付属の「粉」の方に秘密があるらしい。

    そのアロスティチーニが、今週の25日から期間限定で販売再開とのこと!

    無事に食べることができたら、こちらで報告します。


    関連記事

    まだデータがありません。