投稿日:

    フォーマット リンクカテゴリー 日常 / プライベート

    災禍のなかであっても

    こんにちは。

    制作第6所属の伊東でございます。

    ブログ。
    ブログですか…。

     

    まだ心とカラダの準備が…

     今朝、マネージャーと打合せしていましたら、その裏では政府が緊急事態宣言を出す段取りをつけたというニュースが駆け巡っておりました。ふとiPhoneの画面にプッシュされてきたニュース通知をみて、覚悟はしていたのですが、やはり驚くやら、諦めるやら。なんということでしょう…。

    在宅で缶詰だと自宅ダイニングの椅子に座った仕事が続くことになるので、腰が痛くなるんですよね…。

    かといってオフィスチェアを自宅に買い置いたり借りたりするのもなあ、と。

    そんな最近のコロナ騒ぎで、私は入社1ヶ月も経たない(3月中途入社です)うちに、まもなく在宅ワークへ突入するという得難い体験をしているのですが、憂さを晴らそうにも映画もスポーツも旅行も呑み歩きも、すべて全世界規模でお休みとあっては、いったいどこで気分転換したらよいのやら。自宅で働くからこそ、日常とメリハリをつけたいところをもってコレですから、実に難しいですよね。

     

    むしろこんなご時世だからこそ

    とはいえ、ヒトは災禍のなかにおいても、というかむしろ、そのような環境のなかでこそ、生き抜く知恵や工夫を編みだすものなのだな、と感じる機会もありました。

    たとえば。

    F1バーチャルGP第2戦オーストラリア:フェラーリのルクレールが“今季初優勝”バトンは「本当のレースより難しかった!」(Auto Sport Web)

    …F1ドライバーもリモートワーク(ちょっと違う)

    eスポーツにF1の現役ドライバーが参加して、バーチャルGPなるものが開催される流れになっていますね。乗り物のレースが大好きなのですが、この流れはちょっとした驚きでした。

    開幕戦オーストラリアグランプリの朝、直前で延期を決めたF1の2020シーズン。伝統のモナコGPのカレンダー含め、次々と中止が決定しましたが、うまく代替の手段を見つけたなと思います。開幕戦の開催中止を決定(金曜)した週末(日曜)には、もう2つYoutubeでバーチャルレース/シムレースの中継が行われていたのですから、実にスピーディでした。

    事故ろうが何しようが、レースが中断されないのがシムレースならでは…です。
    平和。

    当のドライバーたちも普段から高度なVRによるドライビングシミュレータを使ってレースのトレーニングをする時代ですので、自動車レースは非常に「リアル⇔バーチャル」の親和性が高いエンタテインメントともいえますよね。実際、私も今回のことをきっかけに、本物のレース中継とはまた違った興奮を感じることができました。素直に面白いです。安全ですし。

    我らがレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン選手は「慣れていないゲーム環境なので」と、この公式バーチャルF1シリーズにはエントリーしなかったそうですが、当人は大のレースゲーム好きだそうで、別のオンラインプレイでは見事なドライビングをみせていたりもします。やはり、レースゲームにもサッカーゲームで言うところの「ウイイレ派」「EA FIFA派」みたいなものがあるのでしょうか?

    …よく知りませんが(笑)

    「果たしてeスポーツはスポーツなのか?」と議論がぶつかることがあります。しかし、今回の「活路を見出した工夫」を切り抜けた先には、少なくともeスポーツにはメジャーなオンラインエンタテインメントとしての、広大な未来が開けているように感じましたし、『これも悪くない』という気づきの機会を得たのは大きく前向きなインパクトがあったのではないでしょうか。

     

    リモートの先にあるもの

    翻って、私達の生活におけるリモートワーク。

    ビデオ会議のイメージ
    自宅にもグリーンバックを買ったほうがいいんでしょうかね? バーチャル背景にも気を使うじゃないですか。

    私達の仕事でも、今回のことを機にオンラインでミーティングを行う機会が多くなりましたよね。たんにビデオ会議やデスクトップ共有ができるだけでなく、ホワイトボード調の手書きメモやクラウドによるドキュメント共有の連携もあいまって、あまり意思疎通にもどかしさを感じずに済むケースも多くなりました。

    前職で『Zoom』を使う機会が多かったのですが、しばらくはそれを更新する勢いでの使用機会数増となりそうです。直接、先方にお伺いしてご意向や熱意を感じるのもまた重要だとは思うのものの、むやみに貴重なお時間を割いて頂くことを避けられるメリットもあります。やはりミーティングは対面でなければ、というこだわりも徐々に失われていくのかもしれません。

    ここでもまた多くの方が『これも悪くない』と思う機会が増えれば、仕事の仕方もまたガラリと変わるのでしょう。

    実際、今回のことで大きく進歩しそうなeラーニング業界では、少人数の優秀な教育メソッドを持つオンライン講師に人気が集中して、そうでない方の職が失われてしまうのではないか、という危惧もあるそうです。そもそも若い方たちはモバイルでの動画視聴に馴染んでいるのもありますし、結果が出て、便利なのが実感できれば、どんどん使われます。話題になっているオンライン診療においては、またいろいろな慎重ならざるをえない事情があると聞きますが、遠くない将来には避けられない変革があるのではないでしょうか。

    …また大きく世の中が動きそうですね。

    願わくば、今回の危機を乗り越えた先に新しい、よりよい未来があって、私達がその前線に立っていられたらなと思っています。困難もまたチャンス、と前向にとらえる気持ちをもって、みんなで一緒に戦ってまいりましょう。

    さいごに。

    過去にないスピーディーかつ未曾有の危機に際し、亡くなられた方に哀悼の意を捧げるとともに、いまも現場で戦われている皆様に心からエールを送って、本稿のシメとさせていただきます。

    ここまで駄文にお付き合い頂き、ありがとうございました。


    関連記事

    • 赤ちゃんになりたい。【ベンジャミンバトン 好きな人生】

      大人の階段十三階段     赤ちゃんが可愛くて好き。   ということではなく、   赤ちゃんになりたい。   こんばんは、味のないパンの味、そんな夜を過ごしています。 ばぶー田口です。   ばぶー。   インドで【babu(ばぶー)】はMrという意味らしいです。   精神や感情はそのままで赤ちゃんになったら、やりたい放題だな!と毎日思ってます。     おっと、失礼。     近頃の生活はというとですね、 3時に起床、あけぼのに散歩をして太陽から逃げるように部屋へ戻る毎日です。   たのしー。   清少さん家の納言お姉さんだって春はあけぼの。YO!YO!なんて言ってるぐらいなので、春は明け方が最高です。 思わずあ〜紫だちたる雲の細くたなびきたる〜。って言いそうになります。   現在の時刻は3時。   夜空から星が落ちたら散歩へ出ます。      

      AM3:30 (65)

        部屋から出るとまずはポストを見ます。 いつになっても、楽しみにしているアレが届きません。 アレです。 アレ、届きました?       イチバンエライヒトノマスク       楽しみにしてるのにー。  
          偉い人A  「国民が困っているのだから、何かしてあげないと」   偉い人B  「そんなこと言っても、いい案が思い浮かばん」       1番偉い人 「マスクを2枚ずつ送るのはどうだろう」         !?!?!?         偉い人たち 「それだ!」   偉い人A  「国民も喜ぶぞー!wktkwktk」    
          つって、偉い人たちが時間とお金をかけて送ってくれるんだから、楽しみで仕方ないですよね。   アー、ウレシイナータノシミダナー。     マスク50枚      

      AM3:40 (50)

        いつも通る散歩コースに気になる100円自販機があります。   こいつです。   懐かしい飲み物     『あの頃』を生きたことがないのに何故かノスタルジー。   『あの頃の甘く濃厚な懐かしの味わい』   味わいを修飾しすぎワロタ。   『昭和の時代 日本で最初に作られた元祖』   最初に作られた=元祖、ワロタ。   100円という低コストにそぐう低クオリティ。 色々と詰め込みすぎなパッケージと、大人が一生懸命計算し、考えたであろうキャッチコピー。   ちょうど100円玉はあったけど、気分じゃなかったので買いませんでした。   50mぐらい歩いたらまた100円自販機。   ポケストップ並にあります。   トマトジュース     トマトの味はそんなに好きじゃないけど、赤色が好きなのでトマトも好きということにしています。   これ飲もー、と100円入れても光らない。           激おこプンプン     キレそうです。 危うく僕の握りしめた拳が、大好きな赤色に染まるところでした。      

      AM3:45 (??)

        円堂守おった。 ゴッドハンド   stussyかと思った。      

      AM4:00 (25)

        河川敷に到着しました。 いつもエモくてチルい音楽を聴きながら散歩しているのですが、 河川敷に到着したら、ボソボソ歌いながら歩きます。 同い年、同世代で作詞作曲、セルフプロデュースもこなしてる彼らにビッグリスペクトです。     ふふふふふ〜〜〜ん♪   I believe . . . ふふふ〜♪   Take It ららら〜♪   ふふ〜ふは〜いつも雨〜♪       ご清聴ありがとうございました。      

      AM4:10 (12)

        交通安全標語。個人的にめちゃめちゃ好きです。 家に近づいてくると小学校があるのですが、 校門やその付近に小学生が考えた交通安全標語が皆さんご存知、あの大きい白い板に書かれて置かれています。     見てますか? スマホじゃなくて みんなの心     コウタくん!? 小学6年生、コウタくんのバイブスは満タンです。 ミルクセーキのキャッチコピーより響きます。     獅子舞と 天狗が踊るよ 薬師堂     ミキちゃん!?   子供たちが遊ぶ動機は大人になりたいから。 その大人より発想力とか創造力があるなんて皮肉な話です。     本能で生まれた人間が生み出す創造物は、知性でなく本能で。     太陽が昇ってきたので、そろそろ元いた場所に帰ろうと思います。      

      AM4:20 (0) 部屋にて

        散歩にお付き合いいただき、ありがとうございました。 大人になっていく道中で、 周りが気になり、時間が気になり、 人からの評価に躍起になる。 すべての人がそうでないのは百も承知です。 祖父と父が齢50歳で亡くなり、 学生の頃から僕も、50歳までの人生だと仮定して生きてます。 歳を重ねて今年25歳、ベンジャミンバトンなら精神と年齢が重なる歳です。 小学生の頃に自分が描いた絵を見るたびに、 見えない「なにか」を失った錯覚に陥ります。 全てを持って生まれ、全てを失い死ぬのか。 なにも持たず生まれ、全てを手に入れて死ぬのか。 生まれた時も死ぬ時も同じなのか。 あと半分の人生。 時計を過去には戻せないが、 全て自分次第なこの世界だ。 だから僕は、 赤ちゃんになりたい。      

      読むも読まないも、あなた次第。

      【夢みたいな話】全人類対象アイドルオーディション 1:帰ってきたジョン・タイター
      2020/05/21 日常 / プライベート