熱帯地域に住む人のパイナップルの正しい切り方

    クイズ:パイナップルは野菜ですか?果物ですか?

    答えをMaiのチャットワークに送ってね!お待ちしております。💌

    それでは、熱帯地域に住む人のパイナップルの正しい切り方のレクチャーを始めましょう!

    以下のパイナップルの切り方は、どう思われますか?日本人は、パイナップルを切る時に一番美味しい皮の部分を捨てちゃうことがよくあると思います。僕は本当にえーと驚きました!一番美味しい部分を全部捨てちゃうなんて、もったいないじゃん!!!なぜかというと、皮に近い部分は一番甘くて一番栄養が多い部分だからです。

    でも、パイナップルさんは温帯の日本人の皆さんを許します。だって、パイナップルは僕たちの熱帯の果物ですからね!(沖縄の方以外)

    ではこれから、一番美味しい部分を残せて綺麗な切り方をご紹介させていただきます。

    準備:パイナップルは1個(念のため、2個でもいいですよ笑)、17.22センチのナイフ:1本(勿論長さは全然関係ないですよ)、まな板:1枚。

    Step1. パイナップルのトゲトゲの根元の茶色い部分は残したままでよいので、薄く皮をカットします。(カットは薄ければ薄いほどよいですよ!)

    Step2. 茶色い部分が斜めに並んでいるので、それに沿ってその茶色い部分を切り取ります。

    Step3. 真ん中から半分にカットして、あとは好きな大きさに(4等分、6等分、8等分など)切り分けます。

    Step4. 中心の芯を切り落とします。

    はい、以上です!そんな難しくないですね?今日仕事から帰ったら、パイナップルを買ってやってみてね!

    以下は、この間自分で切りました。(早く食べたかったので、そんな綺麗に切ることができなかったが、僕は切り方がちゃんと分かってるぞ!笑)

    秘訣:塩をつけて食べたほうが美味しいと思います!

    あら、塩がないじゃんと思われましたね?塩の皿がこの写真を取ってから準備しました。笑

    上手く出来れば写真を送ってくれたら嬉しいです。