日本にいながらベトナムソフトウェア開発環境を確認バーチャル視察体験の試験実施について~2017年急拡大したベトナムの4G環境を活用して野外からもリアルタイム実況~

    ベトナムでのオフショア開発やスマートフォンアプリの企画開発を行うバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)と子会社Vitalify Asia(本社:ベトナム国ホーチミン市、代表:櫻井岳幸)はこの度、発展著しいベトナムのソフトウェア開発環境を日本にいながら確認できるバーチャル視察体験について2017年8月4日(金)に試験実施致します。

    6<背景・経緯>
    近年、日本でのソフトウェア開発者採用難に伴いベトナムでのソフトウェア開発・オフショア開発について興味・関心を持つ企業は、年々増えてきておりますが実際に視察となると出張人員の確保、航空券やホテルの手配、現地でのアポイントなどの手間や費用が掛かることから、中々実施ができないのが実情です。そこでバイタリフィでは、日本にいながらインターネット経由にてベトナムの現地事情をリアルタイムで確認できるバーチャル視察体験を実施することに致しました。

    また2017年に入り急拡大しているベトナムの4Gを活用し中心部や、郊外の新興開発地区などからもストリーミング動画にて実況致します。今回実施後の反応を見て、好評であれば定期的にイベントを継続していく予定です。

    4

    <バーチャル視察体験の試験実施>
    ■開催日時:8月4日(金)日本時間13:00~14:00                                          (ベトナム時間11:00~12:00)
    ■バーチャル視察の内容
    ・ベトナムのビジネス環境紹介、ベトナムにおけるITビジネスの状況
    ・ホーチミンの街並みリアルタイム中継(※2ヶ所)
    ・ベトナムにおけるオフショア開発手法
    ・質疑応答

    ※リアルタイム中継は、当日の天候や通信状況により変更となる場合があります。

    1■参加費:無料
    ■参加対象者:
    ・ベトナムでのソフトウェア開発に興味がある方
    ・ベトナムマーケット向けのITサービス展開に興味がある方

    ■お申込み方法

    今回は試験実施の為、3企業/個人様限定となります。バイタリフィ内のお問い合わせページよりお申し込みください。別途、バーチャル視察体験方法をご案内いたします。https://vitalify.jp/vietnam_offshore/contact/

    ===========================
    ■会社概要

    商号  :株式会社バイタリフィ(https://vitalify.jp/
    代表者 :代表取締役 川勝潤治
    所在地 :東京都渋谷区恵比寿西1-9-6 アストゥルビル8F
    設立年月:2005年9月21日
    事業内容: ベトナムでのオフショア開発、スマートフォンアプリ企画開発

    商号  :Vitalify Asia Co.,Ltd. (http://vitalify.asia/
    代表者 :Managing Director 櫻井岳幸
    所在地 :224A-224B Dien Bien Phu Street, Ward 7,District 3, Ho Chi Minh City
    設立年月:2008年5月
    事業内容:オフショア開発、スマートフォンアプリ開発、Webサービス開発、ベトナム進出・マーケティング支援

    ■本件に関する問い合わせ・バーチャル視察体験申し込み先
    バイタリフィ/Vitalify Asia 板羽(いたば)、佐々木、市村、石黒、渡久地
    https://vitalify.jp/vietnam_offshore/contact/
    TEL:03-5428-6346


    関連記事

    • バイタリフィの魅力(その1)

      はじめまして!管理部に入社した中里です。

       

        入社して1か月経ちましたが「本当にこの会社に入ってよかったな」と感じています。他社にはないバイタリフィの魅力ってたくさんあると思いますのでこのブログで伝えていきたいと思います。 私がバイタリフィに入社したのは社長、そして企業理念・行動指針・ビジョンに共感したところが大きく、是非この辺りをご紹介したいところではありますが、色々な意味を込めて今回はしません!(笑) まずは多くの人に実益として効果が高そうな内容であり、且つ意外とバイタリフィで働く人も知らなさそうな内容についてご紹介します。それはズバリ・・・保険。保険ってそもそも何者であるか、正確に理解できている人は変わり者な気がします。理解できている人が多ければ、あのような微妙な保険内容で、そしてあれだけの回数のテレビCMが流れるはずがないと思われるので。ですからそもそも保険って何?どんな保険に入らないといけないの?みたいな部分はFPの資格を持っているわけではないのでボランティア程度に個別に相談にのらせて頂きます、私でよければ・・・。 ただ今日は一つだけ知ってください。皆さんが毎月の給与から天引きされている健康保険について!(年金や雇用保険、労災については機会があれば) 当社で加入している健康保険は「関東ITソフトウェア健康保険組合」というものです。この組合は、例えば飲食業界で働く人や経営者、人事からは憧れのまなざしで見られる保険組合の一つです。つまり他社と比べて「安い・サービスが良い・便利」みたいな事になります。 今回は特にサービスの内容について簡単にご紹介します!!

      「関東近郊を中心とした保養施設が1泊5,400円(被保険者、被扶養者)」

      1例ですが左記のような綺麗な施設がとてもお得に利用できます。私の世代ですと保養所というと父親に連れられてやや汚めの場所へ旅行に行くという印象かもしれませんが、全く違います。食事もおいしいと評判ですからいうことなしですね!      

      「家庭用常備薬がとても安く買える」

      皆さんが普段ドラッグストアで買う風邪薬とか、絆創膏とか湿布、サプリメント。さらにはちょっとした健康器具まで安く購入することができます。正直な話、一回ここで買うともう普通にお店で買うのは難しいかも・・・。例えば誰もが知る有名風邪薬1,200円が380円だったりみたいな事があります。       これ以外にも旅行、ゴルフ場、レストラン、スポーツクラブ等の補助や無料の歯科検診等、色々なサービスがあります。気になる方は以下で確認してみてください。高い保険料を払っているので使わないと損ですね。 https://www.its-kenpo.or.jp/index.html
      2018/08/22 お知らせ