投稿日:

    カテゴリー ごはん, 日常 / プライベート

    ぬか漬け

    こんにちは、変な本の影響でお肉を1年ぐらい食べなかったことがある中村です。

    そんな訳で野菜が大好きなのですが、今回は、最近ハマっているぬか漬け(糠漬け)について紹介します。

    ・ぬか漬けとは?

    ぬか漬け、というのは米ぬかを使った発酵食品のことを言います。
    お米を乳酸菌発酵をさせて作った”ぬか床”の中に野菜などを漬け込んで作ります。
    発酵食品といえば、納豆やヨーグルトなども発酵食品になりますが、ぬか漬けは、”ぬか床”を使う、というのが一番の特徴です。
    キュウリやナスや大根、といった水分が多い野菜を漬け込むことが一般的で、誰もが一度は食べたことがあると思います。

    ・ぬか漬けの歴史

    須須保利(すずほり)という大豆や粟を臼ででたき、塩を加えたぬか床に、野菜を漬け込んだものが、始まりと言われています。
    漬物文化が広がりだしたのは平安時代のようで、色々な漬物が広がっていき、
    現在の形のぬか漬けができたのは、江戸時代初期と言われています。

    ・ぬか漬けの効能

    ぬか漬けにはたくさんの効能があると言われています。

    ・胃腸を元気にする

    食物繊維や酵素の力で、胃腸が元気になります。

    ・免疫力アップ

    ビタミンが豊富で免疫力のアップにつながります。

    ・美肌効果

    酵素の力で美肌効果もあるそうです。

    ・ぬか床

    ぬか漬けを作るには”ぬか床”という、漬けるものを作る必要があります。
    作り方は色々レシピが書いてありますが、一般的には
    ・米ぬか
    ・塩
    ・水
    ・昆布
    ・唐辛子
    などを混ぜ合わせることで作ることができます。

    ・お家で簡単にぬか漬け

    上級者は自分でぬか床を作るようですが、以下のようなパックを使えば誰でも簡単にぬか漬けができます。

    まずはここからぬか漬けライフを初めてはいかがでしょうか。

    ではでは。


    関連記事

    まだデータがありません。