投稿日:

    カテゴリー お知らせ

    重太みゆきそっくりのチャットボット 「MIYUKIMAN(ミユキマン)™」がモテ仕草を伝授

    2019年8月19日(月)、印象行動学の専門家である重太みゆきが所属する M.snow Productions(本社:東京都千代田区、代表取締役:石神誠久)は、重太みゆきの情報を元にAIチャットボット「MIYUKIMAN™」をバージョンアップしました。Web チャットサービス「FirstContact」を提供するバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)が開発に協力しています。

    「MIYUKIMAN(ミユキマン)」は「印象行動学」やテレビでおなじみの「モテ仕草」の知識をもつチャットボットです。重太みゆきのオフィシャルサイトに登場し、本人同様の明るいキャラクターでユーザーからの質問に答えています。

    <新コンテンツ「印象大百科事典」を搭載>
    今回のバージョンアップでは、「印象大百科事典」を搭載してさらに知識を強化。「モテる歩き方をおしえて」「就活で使えるワザをおしえて」などと質問すると、重太みゆき直伝の印象テクニックを教えてくれます。

    <印象テクニックを日替わりで紹介>
    占い感覚で楽しむこともできる「Today’s 印象大百科」も追加されています。MIYUKIMANがおすすめの印象テクニックを毎日日替わりで教えてくれます。

    <AIチャットボット導入の狙い>
    M.snow Productionsでは、インプレッショントレーナー(R)重太みゆきをはじめ各企業に派遣し独自の研修プログラムを展開しています。最新の映像技術を駆使したエンターテインメント性あふれる内容が特徴です。MIYUKIMAN の導入には、そうした活動を幅広く知ってもらいたいという狙いがあります。

    <AI(人工知能)を搭載したチャットボット>
    MIYUKIMANはIBM Watsonと連携した、自然言語を理解することができるAI型チャットボットです。さらに、M.snow Productionsのさまざまなサービスを案内する、企業担当者向けのAI型チャットボット「alpha113(アルファイーサン)」も登場。M.snow Productionsはこの「ダブルAI体制」でWeb上でのおもてなしを強化していく方針です。

    <FirstContactについて>

    MIYUKIMANにはバイタリフィが展開するWebチャットサービス「FirstContact」が採用されています。また、重太みゆきのキャラクターをチャットボット化するにあたりFirstContactのスタッフと共同で開発を行いました。

    <重太みゆきのインタビューも公開>
    FirstContactのWebサイトでは、重太みゆきのインタビュー記事も掲載しています。重太みゆきとM.snow Productionsの社員がAIに賭ける想いが詰まっています。

    ☆重太みゆきのインタビュー
    https://first-contact.jp/interview/msnow

    <「重太みゆきゼミ」プロモーションビデオにMIYUKIMANも出演!?>
    8月26日に公開された亜細亜大学重太みゆきゼミナール(通称MYK)のプロモーションビデオにAI MIYUKIMANも登場しているという噂も!

    MYK(重太みゆきゼミナール公式) INFINITY SMILE 2020 ☆ MIYUKIMAN LOVE 石巻https://www.youtube.com/watch?v=nAf-NRche_Q&feature=youtu.be&fbclid=IwAR3x7G8tbKVcMc0G_q4Z1KbEYOidUQbp8J0oCd6QjFotNcL7GIzyWCEZfKU

    MYKの学生は毎年宮城県石巻でボランティア活動をしており、その様子を撮影した動画にMIYUKIMANも登場しています。よろしければご覧ください。

    <関連サイト>
    重太みゆきオフィシャルサイト
    https://www.msnow.jp/

    Webチャットサービス「FirstContact」
    https://first-contact.jp


    関連記事

    • Kaggleのコンペで⽇本⼈トップに!バイタリフィアジアの最強AIチームとは

        先日行われたデータサイエンティストの世界大会「Kaggle(カグル)」のコンペに参加したバイタリフィの社員がいます。   バイタリフィアジアのChief Data Scientistこと曽佐 顕(奥列の左側から3番目)とバイタリフィアジアのAIチームのメンバーです。   今回、曽佐は、Kaggleの「Predicting Molecular Properties」のコンペに参加して、結果はなんと2757チーム中10位Goldを獲得しました!   10位までの順位 しかも、日本人としてはトップという快挙!!! これまでに獲得したSilver2個と合わせて、Kaggle Masterの称号も与えられました。  

      1.Kaggleに関して

       

      1-1.Kaggleとは

      Kaggle は世界最大のデータサイエンスのコンペティションサイトです。参加企業や研究所が課題を設定し、世界中のデータサイエンティストや機械学習エンジニアが解法を競い合います。賞金は多いときには総額 1000万円以上が与えられることもあります。 なお、Kaggle は 2017 年に Google によって買収されています。  

      1-2.世界中の人々がKaggleのコンペに参加する理由

      Kaggle は Google に買収されて以来、名実ともに世界最大のデータサイエンスのプラットフォームとなっています。 主催者、参加者はそれぞれ、以下のようなモチベーションで参加をしています。 主催者のメリット 世界中のデータサイエンティストのプロが自社の問題解決をしてくれる ブランディングや PR になる データサイエンティストの採用に繋がる 参加者のメリット 名誉 (称号やメダル) 賞金 ブランディングやPRになる 他の参加者と交流できる 企業の様々な実際のデータに触れられる

      1-3.KaggleのGoldとは

      Kaggleのコンペにて、上位にランクインするとメダルがもらえます。 コンペのメダルは、Gold、Silver、Bronzeの3種類。 今回のコンペでは2757チーム中15位までがGoldでした。 詳細に関してはこちらをご覧ください。  

      1-4.Kaggle Masterとは

      Kaggle Masterとは、Kaggleのコンペで1つのGoldと2つのSilverを取得した時にもらえる称号です。 コンペの称号は、Grandmaster、master、Expert、Contributor、Noviceの5種類。 日本では Grandmaster が約 10 人、Master が 1000 人ほどいると言われています。 詳細に関して再度こちらをご覧ください。  

      2.今回のKaggleのコンペに関して

        今回のKaggleのコンペのテーマは、「Predicting Molecular Properties」です。 日本だと、通称分子コンペと言われています。 kaggleコンペ 今回のコンペでは、分子の持つ属性のひとつである Scalar Coupling Constant と呼ばれる数値を予測します。 この数値は主に NMR と呼ばれる分析手法の中で利用されます。NMR は化学物質(分子)の構造の特定に用いられます。分子構造から、予め Scalar Coupling Constant を知っておくことで、特に新規物質について高い確度で構造の特定を行うことができるようになります。 Scalar Coupling Constant は量子論からほぼ正確に計算することもできるのですが、膨大な計算時間を要します。これをデータドリブンな手法である機械学習を用いることで、高速にかつ高い精度で予測できるようにしましょう、というのが今回の目的です。 応用分野としては、化学物質の毒性を予測したり、あるいは有用な薬の合成を予測させたり、新規材料や素材の開発に役立てたりと、幅広い分野で大きな発展が期待されています。

      3.終わってみて

      以下、終わってみての感想を曽佐に伺ってみました。   > かなり専門的なテーマのように感じるのですが、そのあたりは問題なかったのでしょうか? もともと専攻が化学というのもあったかもしれませんが、特に問題は感じませんでしたね。むしろ好奇心が湧いて、参加・継続するモチベーションになりました。 > コンペの取り組み方、結果に至る過程について教えて下さい。 今回のコンペでは、今までより特に多く論文を読みました。専門的な分野であるためです。この分野を専門にして活動している研究者がいるので、彼らの論文を読むのが最も近道と考えました。最終的には、それらをベースとして、今回の問題に特有な部分をカスタマイズして解法としました。英語になりますが、[解法]を共有しています。 > 今回のコンペで特に印象的だった部分について教えて下さい。 1 ~ 6 位ぐらいの上位の解法ですね。Transformer と呼ばれるアーキテクチャを利用しています。Transformer は特に自然言語分野でよく使われています。ただ、かなり多くの論文を読んだのですが、分子の問題を解く上で Transformer を利用しているものは殆どありません。これが何を意味するかというと、今回のコンペティションでは最先端の革新的な解法が生み出されたということです。今後、これをきっかけに、この分野が変わっていくことになると思います。 その意味で、今回のコンペティションは Kaggle の中でも最も成功したコンペティションの一つであり、如何に Kaggle がデータサイエンスの中で大きな役割を果たしていくのか、確認させられました。 > 最後にバイタリフィアジアの AI チームについて、お話をお願いします。 バイタリフィアジアの AI チームでは、真に才能をもったエンジニア、リサーチャーを集めています。今回は私の結果でしたが、近いうちに同様の結果がベトナム人エンジニアからたくさん見られるようになるはずです。 実際、冒頭の写真に写っている Phuong (手前列の左側から2番目)は、インターンシップ中にソロシルバーを取得しました。初めてのコンペでのソロシルバーなので、非常に立派な成績と言えると思います。 事業のほうでも、歴史はまだ長くないのですが、すでにそのような結果が出てきています。我々は分野は問いません。今回のコンペで示したとおりです。それができる人間を揃えています。

      4.Kaggle Masterがいるバイタリフィってどんな会社なの?

      バイタリフィはベトナムでのオフショア開発や、iPhone、Androidなどのスマートフォン向けのアプリ開発、AI(人工知能)関連の製品、Webサービスの企画開発、運用を行う会社です。 バイタリフィアジア、バイタリフィジャパンともに、機械学習のスタッフが揃っていて、AIエンジニアが多数在籍おります。 世界最大のコンペでメダルを取りまくっている最強AIチームが在籍する、バイタリフィの事業に興味ありませんか? ※Kaggleのコンペについての過去記事もご覧ください。 ご興味ある方は以下リンクより、是非一度弊社までお問合せください! モデルデータを無料で作成。 AIアプリを気軽に開発できる新サービス『Mobile AI Lab』のお問合せはこちら バイタリフィ公式サイトはこちら バイタリフィ
      2019/09/06 お知らせ
    • 今からでも間に合う!本気でマーケティングしたい企業のためのLINEとチャットボットの使い方!

      LINEは国内で最も利用者数の多いSNSであるにも関わらず、SNSマーケティングでよく利用されるのはTwitter・Facebook・Instagramです。 この記事で紹介している方法(FirstContact導入事例)を使えば、LINEで他社には負けないような効果的なマーケティングをすることが可能です。

      1.LINEの現状

      株式会社 ICT総研の調査によると、日本国内におけるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者(アクティブユーザー)は年々増加しており、国内におけるSNSの利用者数は7,523万人となりました。その中でも、ネットユーザーに占めるLINE利用率は81%。国内で1番利用されているSNSはLINEです。

       ICT総研

      しかしながら、SNSマーケティングに関して検索しても、あがってくるのはTwitter・Facebook・Instagram・YouTubeばかり・・・。

      SNSマーケティング SNS別

      国内で1番利用されているSNS”LINE”で効果的なマーケティングができたら最良ではないでしょうか。

      2.LINEID連携とは

      実際、自分でLINEを使っていて、公式アカウントの友達追加をして、そのあとすぐにブロックした経験はありませんか。 むやみやたらに一斉配信すると、ブロックされるまたは未読スルーのままの恐れがあります。 そこで、一斉配信ではなく、ユーザーセグメントをしてメッセージをLINEで配信できるID連携がLINEのマーケティング機能として注目されています。 ID連携とは、自社サービスのユーザーの会員IDとLINEアカウントを紐付けることで、企業のLINEアカウントの友だちが自社データベース上のどの会員なのかを判別できるようになり、LINEで効果的なマーケティングを行うことができるようになります。 代表例としてヤマト運輸ひかりTVショッピング等があります。 実際に、一斉配信と比較して、属性分けしたセグメント配信のCTRが約7倍に達したデータもあります。

      EC会員情報とLINEアカウントのID連携

      とはいえ、LINEだけでは精度が高いというわけではないので、本格的にLINEにてマーケティングがしたいという企業様にはFirstContactの導入を勧めております。

      3.LINEID連携だけのマーケティング法

      LINEIDonly

      LINEID連携により手に入れた情報はLINEのデータベース上に蓄積されていきます。 しかし、管理画面とWEBは直接つながっていないため、LINE上ID連携を利用して属性を基にセグメントは正確なものではなく、マーケティングをやる上では不都合です。 配信のセグメントとしては、性別・年齢・居住地等でスタンプや文章から類推します。 管理画面からどのLINEのアカウントがどの情報かまではわかりません。 返答もキーワード完全一致によるBOTでの返答となるので機械的なものになります。

      4.FirstContactを導入するとここまで変わる

      LINE×FirstContact

      FirstContactを導入すると、すべてと直接つながるプラットフォームになります。 つまり、Googleで検索した履歴などWEBの持っている情報全てでセグメントができ、精度の高いターゲティングが可能で、LINEマーケティングに適しております。 配信のセグメントとしては、性別・年齢・居住地・名前・興味・関心・訪問履歴等リターゲティングのPRも可能であり、ファンの確保、ナーチャリングに非常に役立ちます。 また、FirstContactの画面からどのLINEのアカウントがどの情報かまでも個別にわかるので、1対1の個別メッセージを送りプッシュしていくことも可能です。 また、キーワードの完全一致の機械的なものではなく、AIによるものであるため言葉の揺らぎ等にも柔軟に対応可能です。

      5.まとめ

      LINEもうまく使いこなせばマーケティングの武器になることをご理解いただけたでしょうか?

      POINT 1.LINEID連携に対応! 2.AIとコグニティブ(Watson)のBOT【LINEだけではできない!】 3.WEB情報を元にPUSH通知できる【LINEだけではできない!】

      LINE×FirstContact=最強のLINEマーケティングをすることができます。 さまざまなFirstContact(チャットボット)実績や活用事例などご興味お持ちでしたらこちらまで。

      今なら20日間の無料のお試しキャンペーン実施中!!! AI搭載の追客型チャットボット『FirstContact』のお問合わせはこちら  FirstContactデータ
      2019/09/18 お知らせ 技術 / デザイン / 制作
    • 本社オフィス増床に関するお知らせ

      ベトナムオフショア開発やAI/アプリ/Webの開発を行うバイタリフィ(東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)は、事業拡大による従業員の増員に伴い、オフィスの増床をいたしましたのでお知らせいたします。 新オフィス <増床の内容> 住所:東京都渋谷区恵比寿西1-10-8 杉山ビル6階 電話番号:03-6416-9141 増床面積:30.04坪 増床日:2019年9月17日 本社オフィスが入居するビルから徒歩1分の距離にあり、好立地となっております。 まだ、真っ白な壁と真っ白な机。 これからより一層おしゃれなオフィスに進化していきますのでお楽しみください。 会議室 会議室は広々と開放感のあるつくりに。 電子レンジと冷蔵庫も設置され、快適にミーティングができるようになりました。 グリコ 小腹がすいた時の味方!オフィスグリコも充実しております。   新オフィスには、主に、ラボ型オフショア開発・自社サービス開発事業のチームが在籍します。 ■ラボ型オフショア開発 ラボ型オフショア開発とは、顧客専用の開発ラインを継続的にご提供するサービスです。 従来の受託開発とは違い、御社専属チームを構築しベトナムのラボエンジニアに対して、お客様が直接開発支持を与えることで、自由度の高いシステム開発を低コストで実現します。 ベトナムラボ型オフショア開発特設ページ https://vitalify.jp/vietnam_offshore/ ■自社サービス 自社サービス開発に関しては、簡単な設置でWebサイトのコンバージョン率を向上する、AIによる自動自然対話機能を搭載したチャットボットの「FirstContact」と各種データを一か所にまとめ、AIによる全文検索でさまざまな業務を支援する業務効率化のためのAI検索ツール「FirstSearch」の2種類を提供しております。今後もAIサービスのバリエーションを増やしていく予定です。 AIチャットボット「FirstContact」 https://first-contact.jp/ AI検索ツール「FirstSearch」 https://first-search.jp/ 今後もバイタリフィでは、ベトナムオフショアラボ型開発を通じて、日本企業のベトナムオフショア開発利用の増加や、ベトナム進出を促進していく予定です。自社メディア『アプリ開発ラボマガジン( http://vitalify.jp/app-lab/ )』では、ベトナムのビジネス環境、ITビジネス・モバイルビジネス情報なども発信しており、こういった情報提供も通してベトナム市場を狙ったIT企業の進出をサポートして参ります。 また、AI(人工知能)を活用した様々なサービス開発を通じて、顧客の業務効率化、エンドユーザーとの接触機会の創出や成果アップに貢献していきます。 バイタリフィバナー <バイタリフィ 会社概要> 本社   東京都渋谷区恵比寿西1-9-6アストゥルビル8F 代表者   代表取締役 川勝 潤治 URL   https://vitalify.jp/
      2019/09/19 お知らせ