二郎会に入部しました!~バイタリフィ独自の部活動~

    こんにちは。バイタリフィの東田です。
    本日はバイタリフィ独自の部活動「二郎会」に関してご報告したいと思います!

    二郎会とは?
    月に1回、昼休みの1時間の間に、タクシーを使って隣の区の「ラーメン二郎目黒店」に食べに行く会。なお、全ての支払いは社長のポケットマネー。


     
    (以下、若干盛った形で記述されておりますが、ご了承くださいませ。尚、雰囲気つくりの為、社長のことはボスと表記してあります。)

    13:00 

    ボス:「二郎食べに行くぞーーーっ!」

    13:05

    ボス:「今回の参加メンバーは10人か。よし、タクシー3台だな。みなのもの、タクシーを止めるのじゃ。」

    私達:「イエス、ボス!」

    ボス:「みなのもの、メグジ*の場所はわかっているな??」
    *メグジ:「ラーメン二郎 目黒店」の呼び名

    私達:「イエス、ボス!」

    13:10

    私達:「やったぁ、山手通りついたぁー」

    ボス:「昼休みは短い!もたもたしてないで、行くぞ!」

    私達:「イエス、ボス!」

    ボス(社長)を筆頭にぞろぞろとメグジまでの長い道のり(いや、徒歩1分)を歩くメンバー達。二郎会

    13:12

    クンクン。ニンニクの良い香りが漂ってきた・・・。

    発見!!!!!!!!!!

    メグジ

    メグジこと、ラーメン二郎 目黒店。こちらの店舗は二郎の中でも、最古参の歴史をを誇る人気店です。

    ボス:「今日は珍しくそこまで並んでない!みなのもの、近所のお店の入口を塞がないように列を作って並べ!まずは命の水”烏龍茶”の購入からだ!」

    私達:「イエス、ボス!」

    完全に写真撮り忘れたのだが、メグジの店舗の前にある自販機で人数分の烏龍茶を買ってくださるボスと、バケツリレーのごとく、烏龍茶を後ろのメンバーに渡していくベテランメンバー達。さすがである。

     

    13:15

    ボス:「次は食券の購入だ!みなのもの、何にするのだ?」

    私達:「小のダブル(声を合わせて)」
    二郎初心者は注意です。二郎には普通サイズがありません!「ラーメン」は「小」で、「大ラーメン」は「大」です。
    ちなみに、小のダブルというのは、ブタ2倍のラーメンです。

    ボス:「よし、そしたら、空いている2席に女性二人から座るのだ」

    私とイムさん(もう一人の女性メンバー):「イエス、ボス」

     

    13:20

    二郎 店員

    私:「ワクワク、今日のコール何にしようかな~♡」

    そうです、そうなんです。コールというのは、二郎初心者でも聞いたことあるであろう「ニンニクヤサイマシマシ」とかいうTwitterで話題のやつです。

    さぁ、ラーメンが茹で上がると聞かれます。
    「ニンニク、入れますか?」
    これこそ、コールの合図です。「よーいドン」と意味は一緒です。

     

    13:30

    無事にコールが伝わると、やってきます。
    ラーメン界のエベレストが・・・。

    二郎
    私:「美味しそう~~~♡」

    ボス:「おい、シャッターチャンスだぞ!」

    私:「???」

    ラーメンに夢中だった周りを見始めると、なんと、メグジのL字型カウンターの10席をこの日参加の二郎会メンバーで囲む光景になっておりました。

    その様子はこちら。

    二郎会L

    この写真の座っているのみんな二郎会のメンバーです。(撮影者も含む)
    こんな光景見たことありますか???
    二郎会ならではの光景です。

     

    13:45

    私:「イヤーお腹いっぱいですね、伊藤さん。」

    伊藤さん

    一足先に食べ終わった、伊藤さんと私は外でタクシー探し。
    あ、そうそう、二郎会にはグループ会社のアイスマイリーからも伊藤さんとイムさんの2名が参加してくれてます!
    バイタリフィは会社の垣根を超えてメンバー同士仲が良いんですよね~!

    社長と市村さん

    社長と市村さんもパシャリ。

     

    13:50

    タクシー3台捕まえて帰社。
    きっと、この時のタクシーの運転手さんは、ニンニク臭い集団だなあと思ったことでしょう。

    とてもおいしくて幸せでした。
    そもそも、この活動を始めたきっかけは、バイタリフィのビジョン「みんなでおいしいごはんを食べれる会社になります」を実現したかったからだという。
    そんなバイタリフィが私達は本当に大好きです。

    私達:「社長、ごちそうさまでした!!!」

     

    P.S.次回は無駄にかっこよく、ニンニク臭さも伝わるようなムービーを撮りたいと思っております★


    関連記事

    まだデータがありません。