投稿日:

    カテゴリー 日常 / プライベート

    コーディングの面白みとsass

    CSSと戯れて10年以上になりますが、
    フロントコーディングは非常に楽しいものです。
    特にwebデザインで、photoshopをすっ飛ばして作れるのは
    リリーススピードの面でも非常に有効です。
    頭のなかのイメージやワイヤーの完成形を直接コーディングします。

    角丸や背景クリップなどはすでにCSSでできるので心配ないです。
    IEを対応するにしても11という比較的安定しているブラウザが
    最後の砦になるので無茶させない限りは崩れる心配も少ないです。
    いい時代になりました。

    そんなこんなですが、今更ながらsassの有用性を考えたりしてます。
    Chromiun Edgeがリリースされた現在、sassのメリットの
    一つであるcss変数はもう普通のcssで使えます。
    階層化やmixinはファイル構造を複雑にして読みづらくします。
    エンジニアが編集できないソースになるのも問題です。
    コンパイルするとソースに余計なものを増やしますし、
    レンダリングに使わないsassソースもサーバにアップロードする必要性も疑問です。
    sass独特のcalc計算も最終的には静的な数値になるだけです。
    うーん。。

    やっぱメリット薄いかなあと(個人の感想です)。
    bootstrapみたいな一過性のモノというか
    時代がすでに追い越したと言うか。昔は便利だったけど、的な。
    ネガティブな感情ではなくあくまで冷静に見てそんな気がします。


    関連記事

    まだデータがありません。